仮会員登録はこちら
資料請求はこちら

豊川市で葬儀の費用を安くする方法

豊川市で葬儀の費用を安くする方法

葬儀を執り行う上で、多くの人が頭を悩ますのは葬儀費用ではないでしょうか。

豊川市でも葬儀の費用を抑えたいというお声をいただく事が増えてまいりました。

今回は、豊川市で葬儀費用を抑える方法についてお伝えします。

葬儀の規模を抑えて家族葬を行う

葬儀の負担を抑えるためには、まず参列人数を減らすことです。参列人数を減らすことで単純に葬儀の規模を小さくしてコスト小さくします。多くの人を招いて参列者が増えると返礼品費と飲食費が上がるため、全体費用に大きく影響し、葬儀費用が高くなります。参列人数が少ないほど費用はかからなくなりますが、その一方で、香典収入が減るので自己負担額の割合が多くなります。

⇒東海典礼の家族葬プランはこちら

通夜告別式を行わない一日葬を行う

家族葬と同様に一日葬でも費用を低く抑えることができます。通夜を行わないため、通夜料理の節約や、遠方から参列する親族の宿泊費の負担も抑えることができます。参列者が少数なら飲食費や返礼品費が少なくなり、費用総額も低く抑えることができます。

ただし、宗教者への確認が必要です。

⇒東海典礼の一日葬プランはこちら

式を行わない火葬式・直葬を行う

最も負担が少ないのはお通夜や葬儀を行わず火葬のみを行う火葬式ですが、斎場での宗教儀礼や見送りの儀式を省き、安置から直接出棺、火葬をする葬儀形式です。

葬儀の中では一番シンプルな流れで葬儀式場や祭壇も使用しないため、費用も一番安いです。こちらは20万円程度で行うことが可能です。

ただし、宗教者への確認が必要です。

⇒東海典礼の火葬式・直葬プランはこちら

葬儀の補助金を利用する

豊川市には葬儀費用に健康保険による給付金制度があります。国民健康保険・後期高齢者医療制度の加入者が亡くなったときに、葬祭を行った方に葬儀費用の給付金が支給されます。

葬祭を行った方に対して豊川市では一律5万円の支給があります。申請場所は豊川市役所の保険年金課、もしくは各支所です。必要書類は豊川市役所のホームページで確認できます。亡くなった方の国民健康保険被保険者証などいくつか準備するものがあるので忘れずに準備してください。支給を希望される方は自分で申請する必要があるので注意しましょう。

他社との比較をする

豊川市にはたくさんの葬儀社があり、様々な葬儀プランが用意されています。また、同じサービス内容でも、葬儀社によって価格にばらつきがあるので費用が大きく変わってきます。大切なのは複数社と比較して検討すること。最初から一社に決めてしまうとお葬式の可能性を狭めてしまいます。適正な費用で葬儀を行うためには、相見積もりをとって複数の葬儀社を比較してみてください。比較する際は、必ず葬儀に必要なものが全て入っているかを確認しましょう。

事前申し込みや仮会員制度を活用する

葬儀社への「仮会員登録」「事前申し込み」などで、お葬式の費用が抑えられる場合があります。葬儀社によっては「会員割引」や「事前申し込みによる割引」を行っているからです。

ご家族が入院中であったり、余命宣告を受けている場合などに備え、事前に資料請求や仮会員登録を行うことで葬儀社やプランを選ぶことも可能です。

東海典礼でも仮会員登録の制度を設けております

仮入会という形で、登録していただくと、お得な会員価格でご案内させていただくことが可能です。

※入会金は葬儀時に10,000円お支払いいただきます。

※仮会員の適用は、ご生前での登録に限らせていただきます。

▼お得な仮会員登録はこちらから▼

豊川市で費用を抑えた葬儀なら東海典礼へ

私たちがまごころを込めてご対応いたします。

お見積り・資料請求・事前相談は、全て無料で承っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お葬式について予め準備したい方は事前相談をご利用ください

ご葬儀の流れ、費用や場所、準備の心配事、また供養や法要など、お葬式に関するあらゆるご相談を承っております。
最期のお別れの時に後悔しないためにも、ご葬儀に関するご希望や不安、どんなに些細なご質問でもお気軽にご相談ください。
ご逝去されてからお通夜・告別式までは、あっという間に訪れます。大切な方を亡くされた状況では、冷静な判断が難しい場合もあります。悔いの残らないご葬儀にするため、事前の無料相談をおすすめしております。
ご希望のホールをご見学いただくことも可能です。

ご葬儀のご依頼は深夜でも遠慮なくお電話ください。

24時間365日スタッフが待機しておりますので迅速に対応いたします。