仮会員登録はこちら
資料請求はこちら

豊川市における火葬式・直葬について

豊川市における火葬式・直葬について

あらゆる葬儀の形態のなかで、もっとも簡素でもっともシンプルなかたちの葬儀が「火葬式・直葬」です。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり豊川市内でも注目されるようになったこの「火葬式・直葬」について取り上げ、その特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

 

<火葬式・直葬とは、通夜も葬儀・告別式も行わない葬送形態のこと>

初めに記しておきますが、火葬式・直葬は現在行われている葬儀の形態のなかで、もっともシンプルなものです。

通夜や葬儀・告別式を行わない

火葬式・直葬では、まずご自宅(ご自宅にスペースがない場合は、葬儀会社の持つホールに併設されているご親族様控室などを利用する場合もあります)にご遺体を安置→翌日に納棺→出棺を行い、そのまま火葬場に故人をお連れする→火葬を行う というスケジュールをとります。

一般葬によくみられる繰り上げ初七日法要や精進落としの席が設けられることもほぼなく、そのまま解散となるかたちが多いといえます。

また、火葬式・直葬では宗教者(ご僧侶など)によるお別れの儀式を含まないケースが非常に多いといえます。ご家族が特にと希望した場合は火葬場に宗教者が付き添って簡単な読経が行われることもありますが、そうでない場合は無宗教による葬儀となります。

一般葬・家族葬・一日葬ではその多くが宗教者による参列のもとで行われるため、この点で火葬式・直葬と一般葬・一日葬は区別されます。

 

火葬式・直葬はほぼ確実に家族葬になる

もちろん火葬式・直葬であってもご家族(あるいは故人)が強く希望すれば一般の人を招いて行うことも不可能ではありませんが、火葬を行う炉の前は決して広くありません。また火葬式・直葬を行う人の多くが「簡素な式を希望している」という現状もありますから、火葬式・直葬は基本的に極めて近しいご家族のみで行われます。

また明確な統計をとったわけではないので言い切ることはできませんが、火葬式・直葬の場合、一日葬よりもさらに「声を掛ける範囲」が狭くなる傾向があるように思われます。一日葬の場合は、直接的には血のつながっていない人に声を掛けたり(故人の配偶者の連れ子など)、故人の兄弟姉妹などに声を掛けたりすることもありますが、火葬式・直葬の場合は「子どもと配偶者のみ」などのように極めて限られた範囲の人しか参列しないケースが多いように感じられます。

 

<火葬式・直葬のメリットについて>

火葬式・直葬のメリットとしては、

・費用がもっとも安い

・時間的負担や労力をかけなくて済む

・宗教を信じていなかった人の気持ちに寄り添いやすい

が挙げられます。ひとつずつ見ていきましょう。

 

費用がもっとも安い

火葬式・直葬はもっともシンプルな葬儀形態であるため、費用ももっとも安くなります。

葬儀会社にご遺体の搬送~納棺~出棺をしてもらうプランであっても20万円程度で済むことが多く、経済的な負担が非常に少ないのです。

祭壇を飾る花も必要なく(ただし、葬儀会社の多くでは「お別れの花束」は用意します)、ホールの確保も行われず、かかる人件費も1人程度ですから、ほかの形態に比べるとかかる費用がとても抑えられます。

また葬式の費用のなかでかなりのウエイトを占める「宗教者へのお布施」「飲食費用」も、火葬式・直葬ならばほぼゼロにすることができます。

仮に宗教者を呼んで行う火葬式・直葬をしたとしても、そのときに来ることになる宗教者は1人だけであるため、お布施の総額も少なくて済みます。

 

時間的負担や精神的負担が少ない

一日葬も時間的負担や精神的負担が少ない形式ではありますが、火葬式・直葬の場合はさらにその傾向が顕著です。

時間は半日程度で済みますし、声を掛ける範囲も極めて限られるため、ご家族にかかる負担が極めて少ないのです。

特に「家族が亡くなって非常に疲弊している」「体が弱く、長い時間がかかる葬式には耐えられない」などのような事情がある場合は、火葬式・直葬はとても意味のある選択肢となるでしょう。

 

宗教を信じていなかった人の気持ちに寄り添いやすい

宗教への帰属意識は、人それぞれでまったく異なります。なかには「自分の葬儀にはできるだけお金をかけてほしくない」「宗教を信じていないどころか毛嫌いしているので、宗教者にお金が入るかたちにはしてほしくない」「葬儀に金をかけられても自分にはわからないのだから、そのお金で子どもや孫においしいものでも食べてほしい」と考える人も非常に多くいます。

火葬式・直葬の場合は、「お金がかからない」「原則として宗教者を呼ばない」というかたちをとるため、上記のような希望を持つ人の気持ちには寄り添いやすいといえます。

 

<火葬式・直葬のデメリット>

火葬式・直葬のメリットを紹介してきたところで、火葬式・直葬のデメリットについても解説していきます。

・周りからの理解が得られにくい

・後で弔問客が訪れることもある

この2点が問題になるケースが多いといえます。

 

周りからの理解が得られにくい

火葬式・直葬は、一日葬以上に周囲からの理解が得られにくいかたちだといえます。

一日葬の場合は宗教者を呼んで行うという「一般的な葬式の形態」を踏襲することが多いのですが、火葬式・直葬では原則として宗教者を呼びません。

また一日葬では比較的広い範囲のご親族に声を掛ける傾向にありますが、火葬式・直葬では極めて限られた直系の「家族」のみで行うことが多いのも、周囲からの理解を得られにくい理由です。そして亡くなった方との十分なお別れの時間を取りにくいこともございます。

また菩提寺によっては「うちの教義を信じていないということである」と受け取られ、その菩提寺に墓地がある場合でも埋葬を断られる可能性があります。

 

後で弔問客が訪れることもある

家族葬を選択した場合、その葬式に招かれなかった人が後日家に弔問に訪れることもあります。火葬式・直葬の場合は、限られた範囲での葬式となるのが一般的ですから、このように打診されることもより多くなる可能性があります。

これは非常にありがたいことではありますが、その都度一人ひとりに対応しなければならないという煩雑さもあります。

大勢の人に対応しなければならない面倒さを避けた結果、より大きな負担を抱えてしまうこともあるのです。

 

 

葬儀の形態に正解はありません。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを踏まえたうえで、葬儀の形態を選んでいきましょう。

 

豊川市で火葬式・直葬をお考えなら「東海典礼」

私たち東海典礼は、豊川市に根差し37年の実績がある葬儀社です。

  • 不透明なお葬式の費用を明朗にし、わかりやすく、かつ1円単位のお見積もりにてご提示させていただきます。お見積り後、お客様がご納得の上お葬式のお手伝いをさせていただきます。
  • 東海典礼は、24時間365日対応いたします。お葬式に関して疑問・マナーなど、仏事に関してのご相談にも、経験豊富な社員が対応させていただきます。
  • 東海典礼は、豊川市11式場を持つ葬儀社です。豊川市の葬儀のことならどんな些細のことでもお答えいたします。
  • 直葬、火葬式、一日葬、家族葬など各葬儀形態に合わせた葬儀プランをご用意しています。

豊川市で火葬式をご検討中の方は、ぜひ一度、東海典礼にご相談ください。

 

火葬式について予め準備したい方は事前相談をご利用ください

ご葬儀の流れ、費用や場所、準備の心配事、また供養や法要など、お葬式に関するあらゆるご相談を承っております。

最期のお別れの時に後悔しないためにも、ご葬儀に関するご希望や不安、どんなに些細なご質問でもお気軽にご相談ください。

ご逝去されてからお通夜・告別式までは、あっという間に訪れます。大切な方を亡くされた状況では、冷静な判断が難しい場合もあります。悔いの残らないご葬儀にするため、事前の無料相談をおすすめしております。

ご希望のホールをご見学いただくことも可能です。

事前相談