仮会員登録はこちら
資料請求はこちら

蒲郡市におけるコロナ禍での葬儀形態の変化

蒲郡市におけるコロナ禍での葬儀形態の変化

蒲郡市でもコロナウイルスのワクチン接種が始まりましたが、まだまだ予断を許さない状態が続いています。コロナ禍で愛知県内でも他都道府県同様、葬儀形態が徐々に変化してきました。従来通りの葬儀も感染拡大防止対策をとりながら執り行われていますが、参列者は以前より少なくなっています。人が集まる機会を減らすため、通夜を行わない一日葬を選ばれる方や儀式を行わない火葬式を選ばれる方も増えています。葬儀社においても一般葬より家族葬、一日葬など小規模な葬儀を推奨しているケースが多くなっています。

蒲郡市の葬儀社の対応について

コロナ禍では感染リスクを下げるために規模を縮小し小規模なお葬式を行う例が多くなっています。規模を縮小してお葬式を行う場合であっても遠方から訪れる親族・参列者もいらっしゃるので、蒲郡市内の各葬儀社は新型コロナウイルス感染拡大防止対策や取り組みを徹底し安心、安全にお葬式を執り行えるように配慮しています。

スタッフ、参列者さまのマスク着用や入館の前に手指消毒、検温のお願いはもちろんのこと、発熱や体調不良のある方は参列を控えるように促す事もございます。

その他、人が触る場所のこまめな消毒、受付に飛沫感染防止パーテーションの設置などに加え、定期的な換気をする、席は間隔を空ける、少人数でも広い式場を使用するなど3密を避けるための対策をとっていることが多いです。

よくある質問

新型コロナウイルス感染症の影響が継続するなか、「新しい生活様式」に対応するべく日常を模索しながらお過ごしかと思います。そんな中でコロナ禍においてお葬式をどうすればよいか悩まれる喪主様が多くいらっしゃいます。

ここでは葬儀社などに寄せられるコロナ禍で急増したよくある質問をいくつか紹介します。

どの範囲まで呼べばいいの? 呼んでもいいの?

多くの会葬者を呼ぶと感染リスクが上がります。県外から訪れる会葬者もいらっしゃるので、感染防止の観点から、参列者は最小限に抑えることが望ましいです。

参列者の方でバスや電車など公共交通機関を使わないと来場が難しい場合や高齢の方は感染リスクが高いため参列を控えていただくことも検討してください。「参列を控えて」とは伝えずらい、ということもあるかもしれませんが、遺族やほかの参列者への影響も考えて最善の選択をしましょう。

どうしても参列者を呼びたい場合は「2部制や3部制など参列の時間を分散させる」「着席はせずに、焼香のみでお帰りいただく」「一日葬にする」など密になる機会を極力減らす対策を葬儀社と相談をして検討しましょう。

喪主として注意すべきことは?

喪主としてもコロナ対策を意識して打ち合わせをしていく必要があります。打ち合わせ段階から3密を回避し、参加者全員が必ずマスクを着用して感染対策に努める意識も重要です。また、本来であれば通夜後、葬儀後に会食の場を設け多くの参列者と故人を偲び、お話をしながら食事を取りますが、マスクを外して複数人で食事を取るのは感染リスクがありますので、会食そのものを控えたり、家族だけで規模を抑えたり、参列者にお弁当を渡して持ち帰ってもらうなどの対応したほうが良いでしょう。

コロナウイルス感染防止に配慮した形でのお葬式ができるように、マスク着用、検温、手指消毒など感染防止対策が、ほとんどの葬儀社において取られていますが、事前に対策・対応を葬儀社と打ち合わせしておき、遺族、参列者にも注意喚起をし、協力をお願いしましょう。

コロナウイルスが終息するまでお葬式を延期できますか?

コロナウイルス終息後まで延期する場合は、ご遺体の問題もあるため、先の火葬が必要になります。

故人の親しかった方々と共にお葬式を後日ゆっくり営みたい場合は、先にご家族など少人数で直葬・火葬式を行い、新型コロナウイルス終息後に骨葬やお別れ会を開いて親しかった方々を招待して故人を偲ぶということができます。

東海典礼はコロナ対策を行っています

弊社をご利用いただくお客様及び従業員の健康と安全を守るため、新型コロナウイルスの拡大防止対策を徹底して行っています、詳細はこちらからご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止の取組み

皆様が安全に心温まるお葬式ができるよう、対策しておりますので安心してご利用いただければと思います。また、気になることがあれば下記からお気軽にご相談くださいませ。

事前相談、お見積りは無料です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: consultation.jpg

ご葬儀のご依頼は深夜でも遠慮なくお電話ください。

24時間365日スタッフが待機しておりますので迅速に対応いたします。